Home会社情報50年のごあいさつ

50年のごあいさつ

1960年 東京の下町、江東区東陽町で設立された小さな荷造業者が旭梱包の出発点です。
敗戦の混乱も落ち着き、日本が高度経済成長に向おうとしている時に、私たちは小さな一歩を踏み出しました。 当時はこれまでの荷造から梱包業というひとつの産業として変わろうとしている出発点にあたる時期でした。
今のように確立された技術がない中で私たちはお客様からお預かりした品物を必ず無事に目的地まで 届けるためのサポートをするという熱い情熱と強い気持ちだけが私たちのよりどころでした。

当時の作業風景
当時の輸送風景









日本が輸出を中心とした経済成長を見せる中で、私たちも多くの国に向けて梱包を行うとともに、その仕事を通じて たくさんの技術を学び経験を積むことができました。そうして得た多くのものを仕事に生かすことによって、お客様から 多大な信頼を寄せていただくようになりました。
これまでの50年はお客様によって支えられてきたことを決して忘れず次の50年に向けて歩き続けます。

大型貨物のクレート梱包
現在の作業の様子
板張りの木箱梱包
合板張りの木箱梱包
















次の50年に向けて

旭梱包が誕生してからこれまで日本を取り巻く状況は大きく変わりました。
経済の低成長、新興国の台頭、生産拠点の海外展開など輸出環境は年々厳しさを増しています。
その真っ只中にある私たちの次の50年へは決して平坦な道のりではありません。
また、梱包そのものに対しても「環境への配慮」「高機能と低コストの両立」といったテーマへの対応が
これまで以上に求められています。
私たちはこれからも常に研鑽を怠らず課題に取り組み、お客様の力になることを改めて宣言します。
私たちの目標「to be your best partner」 これこそが次の50年に向けての推進力です。
これからも私たち旭梱包はお客様のより良きパートナーとして歩み続けます。

ページトップへ
 

旭梱包株式会社

本社:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2−27−23

TEL:03-3688-2235/FAX:03-3688-2237

Copyright (C) 2010 Asahikonpo Co.,Ltd All Rights Reserved.