Home梱包情報輸出梱包の注意点

輸出梱包の注意点

長距離輸送に対応した梱包が必要です

by ship
by container

四方を海に囲まれた日本では、輸出は航空機や船舶を利用して行われます。そのため、トラックなどでの国内輸送に比べて、輸送中や積み替えによる衝撃が加わる事が多く、それに対応した梱包が求められます。また、工場設備のように現地で長期間保管される場合や、盗難への対応、梱包材料に対する規制、国ごとに異なる特別な規制など、考慮すべき点が数多くあります。こうしたことから、輸出梱包にあたってはなるべく多くの情報をお客様と共有する事が重要です。

仕向地によってさまざまな規制があります

輸出梱包における代表的な規制は、ISPM#15による梱包材規制です。これは「梱包に使用する木材は
加熱や薬剤による処理をして、木材に付着する害虫を駆除しなければならない。」というもので、欧米や
東南アジア、中南米など多くの国・地域がこの規制を適用しています。このほか、独自の規制を設けて
いる国や、アメリカをはじめとして自国への輸入に際して貨物検査を強化している国があるなど様々な
規制があります。さらに、EU向けには梱包する材料に含まれる化学物質についての細かな規制も
実施されています。梱包のご依頼にあたってはこうした点についての確認をすることがトラブル防止のために重要です。

事前の確認が重要です

以上のように輸出梱包には考慮しなければいけないことが多くあります。私たちは常に最新の情報に
基づいて梱包方法をご提案します。そのためにもお客様には、L/C(信用状)に記載されている条件、
エンドユーザーの仕様指定、輸送経路など、できるだけ多くの情報をお知らせいただければ、輸出に
際してのトラブル発生のリスクを低減することができますので、ご確認をお願いします。

ページトップへ
 

旭梱包株式会社

本社:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2−27−23

TEL:03-3688-2235/FAX:03-3688-2237

Copyright (C) 2010 Asahikonpo Co.,Ltd All Rights Reserved.