Home梱包情報梱包の種類

梱包には様々な種類があります

 一口に梱包といっても梱包容器の素材や形態によって様々な種類に分けられます。
素材別では、「木製梱包」「スチール梱包」「ダンボール梱包」
形状別では、「密閉箱」「透かし箱(木枠梱包)」「スキッド梱包」「パレット梱包」など、
当社では木製梱包を主体とした梱包業務を行っています。その理由として、梱包に使う木材は計画的に植林されており、環境負荷も少ない事や、他の素材に比べて加工が容易であるからです。

「国内梱包」

国内梱包

国内向け梱包は発送時に運送会社が梱包済貨物を貨物引受の要件にしていることによりご依頼されることが大半です。国内の場合、離島などを除けば、輸送距離も短く、積み替えも多くありません。また、荷扱いも丁寧なことから木枠梱包(透かし箱)が一般的です。特に最近は開梱を容易にするために造作ネジなどを使って梱包容器を組み立てる例も多く見られます。

「輸出梱包」

輸出梱包では、輸送方法が「海上輸送」か「航空輸送」かで考慮するポイントが
変わってきます。海上輸送では海上コンテナまたは在来貨物船によって荷扱いが異なりますが、より頑丈な梱包が求められます。一方航空輸送では梱包の軽量化が一番のポイントになります。小さい製品では写真のような木箱やダンボールでの梱包が多く
見られます。また、国内梱包のような木枠梱包(透かし箱)を
用いることもあります。

枠組箱

重量貨物の梱包には写真にあるような「枠組箱」が一般的です。
JIS Z 1403の規格によれば形式では内容品質量が60tまで対応できます。このほか
スチール容器を用いた梱包方法もあります。輸出梱包では長距離の輸送に加え、
貨物の積み替えによる衝撃など考慮しなければならない要素が多くあります。
こうしたことからも輸出梱包を依頼するにあたっては実績ある会社を選択する
ことをお勧めします。

スチール梱包

今ではスチールを使った梱包も多く使われています。スチール梱包は木製梱包に
比べて容積を小さくすることができる反面、一度作ってしまうと梱包時に微調整が
難しいところがあります。またスチール容器はJIS Z 1403のような一般的な規格が
ないため、製造する会社が独自に設計し、梱包を行っています。このため似たような
スチール容器でも梱包会社によって細かいところが違っていることがあります。

「バリア梱包」

バリア梱包

輸出梱包において輸送中に製品の錆を防ぐためにおこなう内装方法です。
製品をバリアメタルという湿気を通しにくい材料で完全に覆い、さらにバリア内の空気を
抜いて内部の水分を排出します。内部が陰圧になるので時間の経過と共に徐々に湿気は浸入しますが、内部に乾燥剤を入れることにより湿度が上昇するのを防ぎます。
バリア梱包ではしっかりと封緘することと、適正な乾燥剤を用いることが重要です。

「スキッド梱包」

Skid

木箱などのように周囲が覆わず、腰下(Skid)に製品を固定しただけの梱包方法です。
木製やスチールにより腰下を作製しますが、コンテナ輸送と組み合わせてコンテナを
外装容器と考えています。梱包費の低減が図れますが、複数の製品を同梱することが
難しいことや、コンテナから搬出した後の保管時に製品の破損が起きやすいなどの短所もあります。

「パレット梱包」

ダンボールなどで個装された貨物をパレットに積み付けるもので、パレットは木製、
プラスチック、スチール、アルミ、強化ダンボールなど様々な材料で作製されています。
積み付けた製品はストレッチフィルムやP.Pバンドなどで固定し荷崩れを防ぎます。
軽量貨物では一般的な梱包方法です。

ページトップへ
 

旭梱包株式会社

本社:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2−27−23

TEL:03-3688-2235/FAX:03-3688-2237

Copyright (C) 2010 Asahikonpo Co.,Ltd All Rights Reserved.